スポンサーサイト

  • 2008.03.20 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


解決策?

エコふぁん掲示板でのAさん(仮名)(前のAさんとは別人です。考える気がないだけ)の話。

「二酸化炭素を地中に閉じ込めて環境問題解決!」

ああ、それはいい案かもね。
けど、地中ですかぁ……

陥没とかでもれたら魔王復活かごとく世界の破滅だよなぁ……
(今更ですがあさぴんはオタクです)

やっぱ光合成ひたすらさせるのがいいんじゃないんですか?

緊急特報!?

今回は北海道で拾った「30秒で世界を変えちゃう新聞」を資料に、オリキャラの星花(せいか)、鋼耶(こうや)、遼(りょう)がお送りします。こいつらがわからない人はエコロジーふぁんくらぶの小説を見てください。


星花 「こんにちは、エコロジー研究院院長の星花です!」
鋼耶 「無理やり助手にされた鋼耶ですー」
 「遼なのだっ!第二助手でーす!」
星花 「さて最初は最近聞いた地球温暖化に関する意見を。
『関係ないし〜』 『うちら死んだ後の話でしょ?』 『暑いからどーなるわけ?』
……鋼耶、コレ今すぐリサイクルボックス入れてきて!
鋼耶 「はいはい星花落ち着いて!」
星花 「これから始まる話はっ、最悪の場合10年後に起こることですっ!」
 「心して聞くのだ〜」

これから話すのは10年後に起こるであろう、ポジティブフィードパックの話です。
雪山で小さな雪だまを転がして、放っておくとどんどん大きくなって誰にも止められなくなるような、サイアクな現象です。
 「基本的にどういうことが起こるのだ?」
星花 「まず、1.5度温度アップで埼玉のすぐ近くまで海に沈むといわれている。
伝染病が増えるわね。オマケに、ワクチンや病院も足りなくなる……病気だけじゃなく、食糧危機に水不足……環境難民も増えるというわ」
鋼耶 「なぜこんなことになるかというと、今までの二酸化炭素は海が吸収したりしてくれたけど、海の場合温度が上がると二酸化炭素を吸収できなくなってしまいます。
吸収されないだけじゃなく、さらに地球温暖化を引き起こすガスが発生すると推測されています。現に南大洋は二酸化炭素をほとんど吸収してません」
星花 「そしてシベリアの木材を切ってしまうとメタンガスが溶けて出てきてしまう。メタンガスは二酸化炭素の20倍も地球温暖化を起こしてしまうのです」
 「それって……成す術はないって事?」
星花 「そんなことはないわよ!次に更新する記事では、ポジティブフィードパックを少しでも阻止する方法を載せる予定よ!」
鋼耶 「簡単なことも知られてることもなんだって教えるよ!」
 「次回も見るのだ!」

「……ってテレビの次回予告みたいなのだ」
「見てくれる人増えるかなーって思って……」

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM